青汁通販の基本〜種類と比較

青汁通販ランキング&おススメアイテム

青汁の人気ランキング(当サイト累計)です。
青汁はもともとケールからつくられるものでした。純粋に健康志向でつくられる青汁は、臭みや苦みが入り混じり、それはそれはまずいものでした。あまりにまずいので、テレビなどで罰ゲーム用アイテムとして利用されたりしていたもので す。
が、その青汁も、健康志向の強まりから注目されるようになり、主原料もケール以外に明日葉、大麦若葉をはじめとして いろいろな原料で青汁が作られるようになりました。さらに味にも改良がくわえられ、今では従来の青汁のイメージとは全く異なる飲みやすいものが主流となっています。
人気ランキングでも、こうした、味に改良がくわえられているもの、飲みやすいものが上位にくる傾向があります。

 

 

えがおの青汁

黒酢で有名なえがおの青汁です。
美容や健康に気を遣う方、葉酸を効率的に摂りたい方、味に敏感なお子様と、非常に幅広い方に好評です。好評な一番の理由はその味にあるようで、非常に飲みやすく作られています。
また、原材料も、無農薬栽培の国産大麦若葉をはじめとしたこだわり食材が贅沢に配合されています。

 

【価格】
3.5g×31袋 3150円

えがおの青汁

 

美容青汁 Green&Collagen

青汁というと、とかく健康への配慮という文言が目立ちますが、愛飲している立場からいうと、健康面と同時に、美容面でも非常に効果を感じることがあります。
この美容青汁は、大麦若葉、ケール、緑茶に美容成分「ヒアルロン酸とコラーゲン」を
配合した、美容効果という側面を強化した"美容青汁"です。
もちろん、原料のケール、大麦若葉、緑葉は国内産のものを使用していますし、ほんのり甘く、飲みやすさも兼ね備えています。
【価格】
2.7g×30包 5015円

Green&Collagen

 

 

やずやの養生青汁

大麦若葉が主原料で、栄養はもちろん、飲みやすさにもこだわった青汁です。特に飲みやすさについては、はっきりと「おいしい」といえるレベルであり、野菜嫌いのお子さんにも好評なようです。また、何といってもあのやずやが作っているという点で大きな安心感を持たれる方が多いようです。
【価格】
3g×63包 6615円

青汁

 

 

ふるさと青汁

ケールをはるかにしのぐ栄養素を持っているとされる八丈島の明日葉を主原料にしています。しかも、このふるさと青汁は、明日葉の葉や茎だけでなく、根の部分までまるごと使用しています。
【価格】
3g×30包 3800円

ふるさと青汁

 

 

神仙桑抹茶ゴールド

桑の葉、緑茶、シモンと2つの原料を使用しています。桑の葉は古来より薬効が書物に著されていますし、緑茶に含まれる茶カテキンもフラボノイドの一種として昨今かなり注目があつまっています。2008年モンドセレクションを受賞しています。
【価格】
3g×60包・・・5985円
3g×90包・・・8400円

 

 

与那国青汁

与那国産ボタンボウフウ葉に明日葉・大麦若葉を主原料に、多穀麹(大麦・あわ・ひえ・きび・タカキビ・紫黒米・米粉)・乳酸菌(フェリカス菌)・抹茶などがバランスよく配合された栄養価の高い高栄養緑黄色青汁です。
【価格】
75g(2.5g(顆粒)x30袋)・・・3129円

 

 

遠藤青汁

遠藤青汁は青汁の元祖で、その歴史は昭和初期にまでさかのぼります。「農薬を使わない」「化学肥料を使わない」「添加物を使わない」「着色料を使わない」というポリシーのもと、 国産ケール100%でつくられています。

遠藤青汁

 

野菜不足が深刻な日本人

日本人の野菜不足が言われて久しいですが、厚生労働省が実施した国民健康栄養調査結果によると、日本人成人の各世代で、一日に必要とする野菜の量350g以上を摂取できている世代はなんと0(ゼロ!)という結果が出ています

(出典:厚生労働省平成18年度国民健康・栄養調査結果)



上の表を見ても明らかなように、一般的な日本人の大人は、野菜が決定的に不足しているというデータになっているのです。

では、野菜が不足するとどんな病気になるのでしょうか?

野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維が含まれており、私たちの身体の健康全般を支えてくれています。栄養素を隅々にまでいきわたらせる、他の栄養素と補完し合って働きを強めるといった働きをしてくれているのです。

そのため、野菜が全般的に不足した場合は、身体全体が調子が悪くなります。特定の栄養素が不足するのではなく、全般的に不足するわけですから、身体の方も悪影響を与えあって全体的な不調に陥ってしまうのです。

便秘、消化不良、倦怠感、足がつる、しびれる、冷え性、高血圧、低血圧・・・野菜不足は、およそ身体の不調と呼ばれ るものの多くにかかわっているといってよいでしょう。

そうならないためにはバランス良く食事をすることが大事です。野菜も肉も魚もご飯も。

しかし、そうでなくても多忙な現代。

わかってはいても、日々の実行となるとそれもなかなか難しいところです。

そこで多くの方が利用しているのが青汁です。

一昔前までは青汁といえば特殊な飲み物といったイメージでしたが、今は案外多くの方が飲んでいます。特に最近では飲みやすさに重点を置いた青汁がたくさん発売されてますので、そのあたりも青汁人気に拍車をかけていま す。
あなたの周りで、青汁飲んでいる人がいる可能性だって少なからずあるはずです。
今度確かめてみてくださいね。

青汁の主原料の栄養素

ここでは、青汁の主原料となる野菜に含まれる栄養素などをご紹介します。

ケール




キャベツの変種といわれ、若葉が青汁に使われる。青汁原料の元祖ともいえる。
カルシウム、リン、ビタミンA、ビタミンB2、ビタミンCが他の野菜と比べて総じて多く含まれている。
ケールの青汁はキューサイや遠藤青汁が有名。
桑の葉



中国・日本で古来より薬効があるとして書物でも紹介されている。
カルシウム、鉄、ナトリウム、カリウム、ビタミンA、ビタミンB2が豊富。
明日葉





「今日切っても明日には芽(葉)が出る」といわれるくらい、強壮効果のある食品として昔から知られる。
カロチン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、ビタミンB2などが豊富で、ケールをしのぐ。また、カルコンというポリフェノールを多く含んでいることでも最近特に注目を集めている。
大麦若葉




青汁の中では飲みやすさが一番だといわれる。
ビタミンB1、ビタミンC、カロチン、カルシウム、カリウム、マグネシウムなどが豊富だが、他にも万能成分といわれるクロロフィル(葉緑素)や活性酸素を抑制するSOD酵素も含まれている。

青汁は健康の基盤を支えてくれます。

青汁を飲んだからといって、特定の病気が治るというようなことはありません。
薬品ではなく、健康食品ですから、そのあたり(青汁の効果・効能)は明確に区分けされています。
しかし、青汁を飲むおかげで、病気ではないさまざまな症状が改善したと感じる方は多いようです。
薬事法の絡みで具体的な事例を上げることは差し控えますが、もし、なんらかの体調不良を感じていて、日ごろから野菜 不足だと自覚されているのであれば、青汁が役に立つ可能性は少なからずあります。
サプリメントと違い、青汁は野菜不足をトータルに補ってくれます。"なんとなく調子が悪い"が"なんとなく調子いい!"に 変わるかもしれません。是非お試しください。

 

リンク集

 


野菜不足の解消に効果テキメンの青汁について。通販で買うときに参考になる青汁の種類や商品比較など。